|---日経ビジネス記事より

NPOの勉強をしよう。

今週の日経ビジネスでNPOが特集されています。NPOは営利を第一の目的としない団体。広義には、社会貢献を第一義とする株式会社、有限会社、法人格を得ていない団体も含むそうです。アメリカのソルトレイクシティーに、「ワン・ワールド・カフェ」というレストランがあります。そのレストランは、客が自分が払いたい分だけ払うというシステム。要するに、値段がついていない。お金を払えない人は、皿洗いや掃除などをして対価を払う。「飢餓撲滅」がコンセプトのレストラン。無銭飲食の人も中にはいるようですが、想定範囲内という事で事なきを得ている様子。そこで働くシェフの一人は、大企業の元マネージャー。稼げないのは分かっている。でも、ここで働くのが好きだから働いている。アメリカでは、エンロン事件や同時多発テロによって、人生がいかに簡単につぶれてしまうかを思い知った。そこから意味ある仕事をしたいという一つの流れが出てきた。との事MBAを取りに来ている学生の中にも将来NPOで働きたいという学生が増えてきているという。あるコンサル会社のパートナーは、自分の培ったスキルを社会の為に使う事がエリートの役目だと言って、年収激減を受け入れてNPOで働く社会に貢献する事。自分が本当に好きだと思う事使命感を持ってやれる事。働くとは何か?の価値観がここにあるなぁと思いました。NPOの勉強をもう少し深めてみようと思いました。株式会社でも社会貢献を使命として行っている会社はあります。NPOとの違いはなんだろうか?やはり、株主に対する利益の約束というのが一つあるだろう。いい年収を得て、いい暮らしをしたいという従業員の気持ちがあるだろう。では、株主が全員社会貢献の為に協力したいという株主であるならば、従業員が、昇進は要らない。生活できる程度のお金があればいいという人達だけならば、どうなのかな?まだ、勉強が足りないので、私見はいえませんが、もうちょっと勉強して、またNPOについての記事を書きたいと思います。

2007-11-25 | Posted in |---日経ビジネス記事よりNo Comments » 
Comment





Comment