|-【徒然草】

あれから二年。

11月21日を持って、私が店長を務めたお店のオープンから2年が経つ。

時の流れは速いなぁ~。

今でも、アルバイトさんの面接時に、三大コンセプトの話をします。

みんな覚えているかな?

そして、店長との4つの約束^^;

言えなくて、プライベートルームで正座させられていたメンバーもいましたね^^;

承認の印鑑を押してもらうまで、髪切らされたり、染めさせられたり、爪を切らされたり。

休み申請を認められなかったり^^;

年末合宿だ!と言って社員の社宅に泊めさせられたメンバーも居ましたね^^;

本当に、強引だったなぁ~

この強引さについていけなくて辞めてしまったメンバーもいましたが、どれも良い思いでですね。

最近思います。

自分のやっている事が、誰かの幸せに重なるととても嬉しい。

物を運ぶことが仕事じゃない。

オーダーを取る事が仕事じゃない。

お店に来て下さるお客様にありがとう!と言ってもらうことが仕事だったり、安らぎの空間を提供する事が仕事だったり。

シーツを換えることが仕事じゃなくて、

シーツを換えることによって気持ちよく寝れて幸せだなと思うおじいちゃんおばあちゃんの姿に、自分の幸せを重ねられる事が、仕事なのだ。

やはり、とことんまでに誰かの為に一生懸命働きたいなぁ~

相手が喜ぶ姿に、自分の幸せを重ねたいなぁ~と思います。

何かお金をかけるでもなく、何か仕掛けをつくるでもなく、

ただただ、その人のことを想い、近づいて、関わりたくなる。

驚きじゃなくて、気づいたらそこにある幸せ。

それでお互いが幸せになれたら

三大コンセプトに近づけますね。

あの三大コンセプトにこだわったから、毎日100万売れたんだと思います。

閉店作業をこだわってやるメンバーがいたり、

宴会で、刺身を取り分けてあげるメンバーがいたり、

子供と戯れるメンバーがいたり、

お客様につかまりっぱなしのメンバーがいたり、

昼宴会を当然のように手伝ってくれるメンバーがいたり、

ラストオーダー過ぎても来て下さったお客様に一杯だけでもと言ってお店に入っていただこうとしてくれるメンバーがいたり、

お店は、そこで働く従業員の空気で決まる。

一日25人で営業して、一人でも元気がないとき、24人の営業とはならない。

10人くらいで営業しているような雰囲気になる。

そして、その空気は必ずお客様に伝わる。

店長だけがんばって一人でいい店作ろうとしたって、いいお店はできない。

一日400人~500人来るお客様の料理を作ったり、オーダーを運んだり、接客をしたりする事はできない。

誰が考えたって当たり前のこと。

店長には、協力してくれるメンバーが必要。

みんなが、協力してくれたから、400人~500人のお客様が笑顔で食事して、今日もいい一日だったねって帰っていく。

その日一日がどんなに悲しい一日でも、寝る前の2,3時間でいい事があれば、きっとその日は総じていい一日。

自分の人生がとても苦しく悲しい事が続く人生だったとしても、終わりの2,3年が幸せな人生であったならば、その人の人生はきっと総じてよい人生だったといえる。社長の言葉です。

そんな瞬間に携われる仕事。

そんな瞬間に関わる事が幸せだと思える心の優しい、思いやりのある子供達をたくさん育てたいなぁ。

それが、私の夢ですわ。


2007-11-25 | Posted in |-【徒然草】No Comments » 
Comment





Comment