|-【就職活動中のあなたへ】

本当にそうなるの?に応える。

ビジネスにおいて、判断を仰ぐ際に、重要なロジックの構築。

そのロジックの構築において、相手方に対して起こさせてはいけない疑問。

「本当にそうなるの?」

この疑問を消すには、それなりの数字の積み上げが必要だなぁと実感します。

一ヶ月通して、これだけの人を確保したい。

募集費をこれだけかけると、これだけの人が応募をする。

応募をした中から、これだけの人が面接に参加をしてくれる。

面接に参加した人のうち、これだけの人が実際に働いてくれる。

だから、目標応募数は、こう。

目標参加人数はこう。

目標稼働数はこう。

これらは、全て数字の積み上げ。

この数字の積み上げが正確なものかどうかは、過去の数字や、トレンド、似たような場所との比較などなど、並べる数字の使い方は様々だが、どれだけ蓋然性をを伝えられるか。

本当にそうなるの?を説得するには、数字のつみあげを持っていなければならない。

ここ何週間は、本当にその事を思い知らされる。

根性論では通じない。がんばります!だけでは、結果は出ない。

どこからどれだけ数字を引っ張り、数字で語れるか?これがとても大切。


Comment





Comment