|---日経ビジネス記事より

ニトリに見る事業の育てるということ。

820日号の日経ビジネスで特集されていました。

?

20期連続増収増益

過去五年平均営業増益率25.8%。家具上場大手4社は10%以下

在庫回転率は約6回と家具上場大手4社平均の二倍

社員の一人当たり年間教育費は約25万円で上場企業平均の4.5

異業種から年間約60人の人材スカウト

海外提携工場356

?

ニトリの考えは効率性は自前で磨くというもので、ユニクロに勝るといわれる製造小売業スタイルが確立されています。

?

いろいろと勉強になります。

?

やはり一番感じるのは、社員教育にしても、現場改善にしても、一年なんて単位じゃ仕組みは出来上がらないなということです。

?

やはり、3年は見ないと駄目だろうと感じます。今育てている人材が3年後に効いてくる。立ち上げた工場も3年後に成果を出しだす。

?

相手企業が追いつけない仕組みだ。とよく言うのは、こういうことなのかなと思います。人材教育、企業風土作り、ものづくりの仕組み、販売の仕組みなど、いろいろなトライアンドエラーを繰り返して、改善されて今に至る。

?

だから、数年は追いつけない。と自信を持っていえるのだろうと思いました。自分の今作っている仕組みも1年経ちました。今、仕切りなおし段階にきています。こうやって、何回も何回も仕切りなおしや改善を続けて、後2年後にはほかの会社が追いつけないような人材の仕組みになっていくように努力していかないといけないなと思いました。


2007-09-13 | Posted in |---日経ビジネス記事よりNo Comments » 
Comment





Comment