|---学生との面談より

過去へのこだわりを捨てる



火曜日は新卒採用のお手伝い。今日も3人の学生とお話をしました。その中の1人に過去へのこだわりから抜け出せないと話してくれた学生がいました。


過去の成功体験を引きずってしまったり、自分の先を行く人を見て過去を後悔しいまさら始めてもしょうがないと思ってしまったりするという事でした。


以前にも記事で載せましたが、他人と比較する事はナンセンスだよという話をしました。その後、「チーズはどこへ消えた」の話しをしました。「チーズはどこへ消えた」の内容は多くの人が知っているかもしれませんが、簡単に言うとちょっとうろ覚えなんですが^^;二匹のねずみが洞窟で見つけたチーズを毎日のように食べて暮らしていました。ある日、あるはずのチーズが消えてしまいます。一匹のねずみはいつまでもなんでチーズが無いのだろう?と悩んで立ち止まっています。もう一匹は、無いなら新しいチーズを探そうと洞窟内を進んでいきます。立ち止まってしまったねずみは結局チーズにありつけず、チーズを探しに行ったねずみは新しいチーズを見つける事ができました。というお話です。


このチーズを過去の成功事例と例えたらどうなるでしょう。いつまでも昔の成功体験にすがりなぜうまく行かないのだろうと考えるよりも、過去の事は過去の事と考えて、次の方法を考えるように自分の思考を転換する。これは簡単なようで難しいですが、未来を生きるということはそういうことです。


学生時代リーダーを務めた人が、社会人になってリーダーになれないという例を良く見ます。これは、過去の成功にすがっている例です。仕事も一緒です。時代や社会のニーズは常に変化します。一年前の常識が今の非常識ということはざらにあります。でも、結局過去の成功事例にすがってしまうのです。過去の成功にすがるほうが楽です。新しい事をはじめる一歩は勇気がいります。


でも、社会で成功できる人は、そうやって過去にとらわれずに、どんどん前に進む勇気を持つ人だと思います。そんなメッセージを送ると、その学生からは涙があふれていました。


心に響くものが伝わったのならとても嬉しいです。一歩を踏み出す。勇気がいります。しかし、その一歩を踏み出せる社会人になって欲しいです。




2007-07-10 | Posted in |---学生との面談より2 Comments » 

コメント2件

 もち | 2008.03.29 10:47

SECRET: 0
PASS:
うる覚えではなく
うろ覚えです。

 ユウダイ | 2008.03.29 17:00

SECRET: 0
PASS:
ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m

Comment





Comment