|-【恋愛論】

永遠なんてないだからこそ今を

永遠なんてない。

そう気付いたのは17歳

「ずっと一緒にいようね」

そう言ってくれた彼女が、手のひらを返したように他の男の所へ行ってしまった。

あの時の言葉は嘘だったのかよ。

そう思った。

永遠なんてない。絶対なんてない。

否定的に思った。

ずっと一人の人を好きでいることなんてありえない。

永遠なんてない。という言葉に、

「だからこそ」

をつけることが出来たのは21歳の時

同じ価値観を持った女性に出会えた僕は幸せだった。

「ずっと一緒にいようね」とか、「絶対」とか嫌いな言葉。

いつか嘘になるかもしれないから。

そう彼女も言った。

同じだって思った。

でも、彼女を知り、彼女と過ごす日々を重ねるごとに僕たちには約束が増えていった。

今度あそこに行こう。

もし、帰ってきて互いに同じ気持ちでいたら、あれをしよう。

毎年、ここで記念日をお祝いしよう。

増えていく未来への約束。

永遠なんてないって言っていたのに。

永遠なんてないと分かっているからこそ、期待してしまう永遠の愛というもの。

でも、いつかは終わるもの。最後には死が待っている。

でも、その時は確かに真実な想い。

だからこそ、今を大切に生きよう。

今好きだからそばにいよう。

大切にした今の連続がもしかしたら永遠への道なのかもしれない。

だから、いつもお互いに魅力的で成長していけたらいいね。

永遠なんてない。だからこそ今を大切に。


2007-01-13 | Posted in |-【恋愛論】No Comments » 
Comment





Comment