|---孫子

兵は詭道(きどう)なり

大学時代に、孫子を読んでいました。今久し振りに読んでいます。

兵は詭道(きどう)なり

孫子の最初の章でこの言葉が出てきます。

戦争は、騙し合いだ。

と、言いつつも、戦わずして勝つのが、一番優れた将軍だといい、決して好戦的ではない孫子。

兵は国家の大事にして、察せざるをべからず

戦争は、国家存亡を描けるので、十分に考えねばならない。と、自分の身を守る為にしょうがなく、しかし、やるからには絶対に負けられない。という思いが見て取れます。

孫子とクラウゼビッツの戦争論。

是非時間があるうちに一読をして欲しい本ですね。


2007-01-13 | Posted in |---孫子No Comments » 
Comment





Comment