|-【就職活動中のあなたへ】

シリーズ就職活動を考える③自己分析と業界研究/企業分析は独立したものではない。

どんな就職雑誌にも自己分析と企業分析の2つが就職活動の2大要素であると書いてあります。では、何故この2つ重要なのか?考えてみましょう。

?

自己分析とは何の為にやるものですか?自分を探す為。広い意味ではあっていると思いますがちょっと物足りない気がします。自己分析とは、自分には何ができるかを探る事です。それを、企業にアピールできる形に落とし込む作業です。

?

企業分析とは何の為にやるものですか?企業の実態を知る為。これも広い意味ではあっていると思いますが、これもちょっと物足りです。その企業で何がしたいかを探る事です。

?

つまり、

自己分析=自分に何ができるか?⇒自己PR

企業分析=自分は何がしたいか?⇒志望動機

となるわけです。

?

従って、この二つはリンクしていなければなりませんよね?独立した関係ではないのです。自分は一体何がしたくて、そのしたい事に対してどういったアプローチができるかを面接またはエントリーシートに書かねばなりません。

?

学生側は、企業にやりたい仕事を求めますよね?逆に企業側は、学生が企業の求める人材像の持ち主かさぐりたいのです。そして、両者の利害が一致した時に内定が出るのです。ですから、自己分析と企業分析をリンクしながら考え、どんな事がしたくてこの企業を選びそのやりたい事が自分にはできるという事をアピールできるように自己分析なり、企業分析をしましょう。

?


Comment





Comment